併せて停滞に不況、

JUGEMテーマ:お出かけ



多くのキャンペーンなどでも知られる日本損害保険協会は、日本国内における損害保険業界の順調な発展ならびに信頼性を高めることを図り、これにより安心さらに安全な社会の実現に関して寄与することが目的である。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)⇒国債など公社債や短期金融資産で運用する投資信託のことを指す。あまり知られていないが取得して30日未満に解約するような場合⇒手数料に違約金分も必要となることを忘れてはいけない。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行の経営が破綻する。これによって、ついに未経験のペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、全預金者に対する3%程度とはいうものの数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったと想像される。
すでに日本国内における金融機関は、強い関心を持って国際的な金融規制等(市場や取引)が強化されることも考えて、経営の強化だけにとどまらず合併・統合等を含む組織再編成などに積極的に取り組んできています。
1995年に全面改正された保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社に分かれて、これらは内閣総理大臣による免許を受けている会社を除いて販売できないのである。
預金保険法に基づき設立された預金保険機構が支払う保険金のペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1000万円"ということ。この機構は政府、さらに日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者がが約3分の1ずつ
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスって何?普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座で、株式等の購入資金、売却益が自動振替されるぜひ利用したいサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み戦略なのです。
簡単紹介。金融機関の格付け(信用格付け)って何?信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、さらには国債を発行している政府や、社債などの発行企業の持つ、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づいて評価します。
タンス預金ってどう?物価が上がっている局面では、上昇した分相対的に価値が下がるので、当面の暮らしになくてもよいお金は、ぜひとも安全性が高くて金利が付く商品で管理した方がよい。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託のことを指す。注意が必要なのは、取得ののち30日未満に解約した場合、その手数料には罰金が上乗せされることを忘れてはいけない。
我々の言う「失われた10年」という言葉は、一つの国全体とかある地域の経済がおよそ10年以上の長期間に及ぶ不況と経済停滞に襲われていた10年のことを指す言い回しである。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(当時)から今度は金融制度の企画立案事務を移管し平成10年に誕生した金融監督庁を新組織である金融庁として改編。さらには平成13年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日に、アメリカの格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事が歴史的な世界的金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったと言う経緯がある。
日本証券業協会(JSDA)の解説。国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う有価証券に係る取引等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたますますの振興を図り、投資してくれた者を保護することを目的としている協会です。
平成7年に公布された保険業法の定めに基づき、いわゆる保険企業は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、どちらも内閣総理大臣による免許を受けた会社のほかは設立できないと規制されている。

スポンサーサイト